あきかる

注目アイドル徹底解剖(第1弾~第6弾)

 
■第9号掲載(2015.9.10.発行)

 

第6弾 ~アイドルカレッジ 石塚汐花~

 

 

 

DPP_石塚

 

 

☆好きなゲーム☆

 

『任天堂 どうぶつの森』や『Wii』など、生活系ゲームやパーティー系ゲームが好きです。石塚家みんなで一時期ゲームにハマっていた時期は、お父さんが仕事で帰ってくるのを待って兄弟3人とお父さんでゲームをやって、お母さんは見てる…という感じで毎日のようにやってることがあったくらいゲーム好きです!!最近ではアイドルカレッジで『ネプテューヌ』シリーズのゲームとタイアップさせていただいたりして、ゲームをやるうちに、このゲームもどんどん好きになって、今一番マイブームなのはネプテューヌシリーズのゲームです!戦う系のゲームはあまりやらない方だったのですが、このゲームに出会ってゲームをプレイしたら楽しくて、しかもキャラクターが可愛くて、さらにゲームが好きになりました!

 

 

☆アイドルになった理由☆

 

わたしは小さいときからずーっとアイドルになることが夢でした。歌うことも踊ることも、とにかく人前に出て何かをして注目されることが好きだったので、母が勧めてくれました(*^o^*)(笑)本格的にオーディションを受け始めたのは中学2年生の夏からだったのですが、AKB48さんの選抜総選挙での前田敦子さんを見て『わたしもいつかステージからこの景色が見たい』と思ったのをきっかけに、いろんなアイドルオーディションを受けて最終的に、今のこのアイドルカレッジに出会えました(^ω^)だからまとめると…、夢を叶えて人生を変えたくて、たくさんの人に愛される人になりたくて、アイドルになりました!!

 

石塚汐花_attachment00

 

 

☆アイドルを始めて一番嬉しかったこと☆

 

たくさんの人に出会えて、自分の知らなかった自分に出会えて、新しい夢に出会えて…、というようにたくさんの『出会い』があったことです!!ちょっと恥ずかしい(*/ω\*)(笑)でもきっとアイドルをやっていなければ、こんなにたくさんの人と話すこともないし、名前を知ることもなければ呼んでもらえることもないし…、本当にアイドルになってから想像以上に色んなものや人に出会えました。そんなみなさんがいつでもそばで夢を応援してくれて、支えてくれて、本当に幸せです(´;д;`)今までの出会いも、これからの出会いも大切にして、逆に『出会えて良かった』って思ってもらえる存在になりたいです!

 

石塚汐花_attachment00-(1)

 

 

☆最近ハマっているもの☆

 

絶景画像集めです!(笑)例えばインターネットで検索して出てきた画像を眺めて、いいのがあったら保存したりとか、お友達やファンの方が送ってくれた絶景を保存したり、とにかく絶景を見て癒されてます(*´ー`*)♪♪ いつか本物の絶景を見に行けたらいいなぁっ(^ω^)

 

 

☆今後の夢

 

トップアイドルになること!!国民的…そして世界的に有名なアイドル界のトップアイドルになって、たくさんの人に愛されるアイドルになりたいです!!あとは、バラエティ番組にもたくさん出演したいです!!演技も歌もやりたいので、今はまだアイドルのその先の夢は決まってませんが、まずは小さい時からの憧れの夢を叶えたいです!

 

attachment00

 

 

☆おまけ / あきかる見て行ってみたいなぁと思った店舗☆

 

『全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン』です!コスプレが楽しそうだし、雰囲気もすごく楽しそうなところでした!!

 

 

 

<アイドルカレッジとは?>

未来のアイドルをみんなと育てていこう”をテーマに、女の子たちに歌唱・ダンス・演技のレッスンを積ませ、全過程を公開イベントで行いスキルアップをはかりその成長過程を応援してもらうプロジェクト。2014年7月にStand-Up! Records第一弾シングル「あのコが、髪を、切らない理由。」をリリースし、オリコン週間ランキングで過去最高の13位を記録。同年末、よみうりホールでのワンマンライブでは目標1000名動員達成、東京を中心に全国で活動中。
2015年10月7日発売の4thシングル「ビーマイ☆ゾンビ」はPlayStation(R)Vita『激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団』オープニングテーマ&エンディングテーマ ダブルタイアップ!!

 

公式HP:http://idolcollege.com

 

 

 

 

■第8号掲載(2015.7.10.発行)

 

第5弾  ~愛乙女★DOLL 愛迫みゆ~

 

 

1 

 

 

☆好きなアニメ☆

 

昔のアニメが大好きでセーラームーンやぴちぴちピッチとか変身する系が憧れでしたね(^ν^)!本当に自分はセーラームーンになれると信じていました(笑)。 小さい頃にセーラームーンショーみたいなのでステージに上がって、セーラームーンと話したのを今でもすごく覚えています。大人になってからも一番好きなアニメはママレードボーイ、本当にこのアニメが大好きでみきちゃんと遊くんに憧れてました☆ あとは少女マンガも読みます。アオハライド、ストロボエッジ、僕の初恋を君に捧ぐなど大好きです!!

 

 

☆好きなゲーム☆

 

マリオカート、マリオパーティー、太鼓の達人が好きです!私はあまりマメなタイプではないので←、育てたりどんどん進めたりするゲームは割と苦手で、皆でワイワイ出来るゲームが大好きです。この3つは特に大好きで、小学校の頃とかは毎日友達とゲームをしてました。昔から負けず嫌いな性格なので負けで終わりたくなくて、勝つまでゲームしてました(笑)。高校生の頃はときめきメモリアルとかトモダチコレクションとかもハマってやっていたこともあります?(^_^)今ではスマホアプリをよくやります!パズルゲームが多いです!

 

 

☆好きなブランド☆

 

基本的に色んなジャンルを着るんですけど、最近は少し落ち着いたお姉さん系の服が好きで、ISBIT, snidel, Mercury duo, dazzllinさんなどをよく着ます。オールジャンル大好きなので、原宿系のスピンズ、WEGOとかもよく買います?(^_^)!洋服以外だとジェラートピケさんとか大好きでよく集めてます☆

 

4

 

 

☆アイドルを始めて一番嬉しかったこと☆

 

1人の愛迫みゆっていう人間を応援してくれる人がいること。私は小さい頃からアイドルや歌手になりたかったけどあんまり自信がありませんでした、緊張しいで(今もドジはすごいするんですけど…笑)。そんな私に「歌声が好き」や「パフォーマンスが好き」だなんて、そんな風に言ってくれる方たちがいて、本当に沢山自信をつけさせてもらいました。応援してくれてる皆がいなかったら目標だった渋谷AXワンマンライブやメジャーデビューや全ての夢が叶えられていないし、今もこうしてアイドル活動出来てないと思うし。本当に今も不思議に思う位なんですが“幸せ”なことです。

 

 

☆アイドルになった理由☆

 

小さい時から歌手になりたくて、ずっとボイストレーニングとかしていて、モーニング娘さんなどのアイドルが大好きでした!そしてある日見つけたAKBさんのオーディションを受けたのがきっかけです。今の愛乙女★DOLLになったきっかけはAKBの研究生を卒業し、あるボーカルオーディションを受けグループの話を頂いたのがきっかけです。ソロ歌手になりたくてボーカルオーディションを受けたんですが、どういう形でも応援してくれる方に会いたかったし、何かしら動き出したかったんです!今こうして愛乙女★DOLLとしてこんなに長く活動出来てるのも、考えてみるとあの時はすごい転機だったんだなって思います。

 

 

☆最近ハマっているもの☆

 

ツイッターなどに日々のファッションコーディネートを載せることです。色んなコーディネートを載せています!自己満足だったけど、少しでも誰かの参考になったり、「可愛い」「オシャレー!」って言ってもらえると「明日は何着ようかな?」とか考えるのが凄くワクワクします!こないだはライブの公演でメンバー全員を自分の私服でトータルコーディネートしました。皆が喜んでくれたりしてる顔を見るのが本当に嬉しかったです(^_^)!いつかコーディネート本を出せるくらいになりたいです(^_^)!

あとハマっていることはLINE POP2ってゆうスマホアプリです!暇があるとやっています!進むとスカーっとします!キャンディークラッシュとかパズルゲームが好きです(^_^)

 

3

 

 

☆今後の夢☆

 

愛乙女★DOLLとしてまずは7人体制になって初のワンマンライブ、そして渋谷公会堂という初のホールでのワンマンライブを満員にすること。愛乙女★DOLLとして初期の5人の時に初めて渋谷公会堂に立った時に『愛乙女★DOLL単独で帰ってきます!』って言ったんです。その時のことは今でも凄く覚えていて、有言実行できたことが本当に嬉しいです(>_<) まだ実感はあまりないんですが、やるからには絶対満員にしたいです!

 

あと昔から言っている武道館ライブは本当に皆と叶えたい!!愛迫みゆとしての夢はソロCDを出してワンマンライブをすること。バンドとかもやってみたいな~って思っています(^_^)!あとはコーディネート本を出したり雑誌のモデルさんになること☆

 

2

 

 

★あきかる見て行ってみたいなぁと思った店舗★

 

お星様メイドカフェ&バー StarLightNovelさん、メイドカフェ好きなんです(^_^)!

 

 

<愛乙女★DOLL(ラブリードール)とは?>
「いつでもあなたのお人形♪」をキャッチフレーズに、側に置いておきたくなるようなキュートさと、見応えアリな本格派ライブでエンターテイメント溢れるステージを繰り広げる正統派アイドルユニット。「TOKYO IDOL FESTIVAL」@フジテレビ特設会場は3年連続出演。シングル『High Jump!!』はオリコンウィークリー7位を獲得。9月13日には渋谷公会堂での6thワンマンライブも控え、更なる勢いにのる新生”らぶどる”は全世界のアイドルファン、ポップカルチャーファンを魅了していく。

 

2015年7月21日 Newシングル「カレンダーガール」発売

 

ArcJewel(アークジュエル)   http://arcjewel.com/

 

 

 

 

■第7号掲載(2015.5.10.発行)

 

第4弾 ~アイドルカレッジ~

 

今回はアイドルカレッジより3名が登場!各々の好きなアニメ・ゲームについて語ってもらいました~☆

 

  アイカレ3rdアー写

 

 

 

<冨田樹梨亜>

 

☆好きなアニメ☆

 

こんにちは、日本とニッポンジンのハーフ、じゅりこと冨田樹梨亜です♪ 私が好きな漫画は沢山ありますが、樋口橘さんの「学園アリス」が特に大好きです♪ 小学生の頃アニメを見てからハマって漫画を買い始めました。私が初めて全巻揃えた漫画なんですよ!天賦の才能=アリスという不思議な能力を持った子たちのお話で、炎や氷を操れたり
発明に優れてる能力など色んなアリスの能力を持ってる子がいます。私は乃木流架くんという男の子の動物と話ができる能力が欲しいなぁ…。森で道に迷ってお腹が空いた時、リスやウサギが木の実を持ってきてくれたり、森でクマにギュっと温めてもらいながら寝ることができちゃうんですよ!!羨ましい!!主人公の蜜柑ちゃんは芯があって真っ直ぐで何でも諦めず信じて突き進む女の子、優しさと笑顔で周りを包み込む性格は今でも理想とする女の子です♡

 

冨田樹梨亜

 

☆好きなゲーム☆

 

やっぱり定番のポケモンが好きです!昔はポケモンの新作ゲームが出る度、パパや叔父さんに買ってもらっていました。ポケモンって2種類同時に発売されることが多いですよね。ルビーとサファイアみたいに。小さい頃はお姉ちゃんと
どっちにするかってケンカしたこともあります(笑)。草タイプのポケモンが大好きで、最初のポケモンはいつも草タイプを選んでいました!お姉ちゃんは火タイプを選ぶ人だったのでポケモン勝負は負けてばかりでした。エメラルドではジュカイン、ウソッキー、デンリュウ、バクオングは常に手持ちにいて愛用していました!バクオングは最初ゴニョニョっていう可愛いウサギだったんです!いつの間にか進化して可愛いとは言えない容姿になりましたが(笑)今では1番とも言えるくらい強くたくましく育ちました♪♪

 

 

<中島優衣>

 

☆好きなアニメ☆

 

好きなアニメは「天元突破グレンラガン」です。小学校中学年の時友達におすすめされてからアニメが好きになり、最初はラブコメだったりギャグアニメが好きだったのですが、たまたま見た「エヴァンゲリオン」の緒方恵美さんのお芝居に惹かれ、何より演出が惚れ惚れするほどすごくかっこいい!内容も1つ1つ細かいところまでしっかり作りこまれていて小学生ながらその世界観に衝撃を受けました。そこからネットで調べて制作会社がGAINAXさんだと知り、以降GAINAXさんのトップをねらえ!やふしぎの海のナディアなど色んな作品を見るようになりました。
その中でも今回名前を出した映画化や舞台化もされていて今も勢いのある作品「天元突破グレンラガン」ドリル!!!宇宙!!!この言葉を聞くだけで、胸が高鳴ります(^▽^)o 私がグレンラガンに感じた魅力は「言葉」と「進化」です。このアニメには数々の名言があるのですが、アニメの中だけでなく現実の自分にも胸に突き刺さる、まっすぐで信念のある熱い言葉ばかり。だからこそ多くの人の心に響き、今でも沢山の方に愛されているアニメなのかなと思います。

「空色デイズ」もグレンラガンを象徴した歌詞なので、特に進化の部分が感じられる劇中の一番盛り上がる所で流れた時は更に気持ちが高まります!他にもたくさんいいところあるのですが、そこが一番好きになった理由です。もっと書きたいんですけど文章がどうも苦手で(><) 気になった方は直接お話しましょう。笑(直接もあまり得意ではないです)

 

中島優衣-(2)

 

☆好きなゲーム☆

 

今はゲームは殆どしないのであまり詳しくないのですが、小学生の時はクラスでグラセフやキングダムハーツ、モンスターハンター等が流行っていて一緒にゲームした記憶があります。あとは東方projectとか。あんまり女の子向けのゲームはしたことないかもしれないです。その中でも特にハマったのは「モンスターハンター2ndG」です。すっごく人気のゲームですよね、迫力もあってすごくドキドキするし猫は可愛いし…、私は一人でコツコツと進めるよりも仲間と協力しながらクエストしたりするのが楽しくて好きでした!ゲームを通して気持ちが一つになったり、もっと仲良くなれたりするゲームって素晴らしいカルチャーなんだって思いました。

男の子ってゲーム得意ですよね!「太鼓の達人」得意な子が後ろ向きで難易度が高いの曲を披露してくれたんですけど、何か良く分からないけど凄かったです!因みにその影でちゃんと「プリンセスメーカー」もプレイしてましたよ~(^▽^)o

 

 

<河東杏樹>

 

好きなアニメ

 

私は4人姉妹の末っ子なんですが、2番目の姉がアニメが大好きで、よく録画したものを家族で見ていたのでアニメは小さい頃から見ていました。曲や歌が素晴らしいアニメに惹かれるのですが、その中で一番好きなのは「マクロスF」です。魅力はミステリアスでセクシーなシェリルノームと、まっすぐなシンデレラガールのランカーリーという二人の全然違ったタイプの歌姫が、アルトくんという男の子を好きで取りあったりする三角関係が見どころです!音楽は私の大好きな菅野よう子さんが担当しておりとても素晴らしい音楽、魅力的です。一番好きなのは星間飛行!私は菅野よう子さんのファンなので、地球少女アルジュナや、坂道のアポロン、アクエリオンエボルなども好きです*\(^o^)/*

 

河東杏樹

 

☆好きなゲーム☆

 

ニンテンドー3DS用ソフト大合奏!バンドブラザーズPというソフトが好きです。作曲が趣味なので、基本はで作曲機能しか使っていないのですが、本格的な作曲が体験できるので始めると時間が過ぎるのを忘れて作曲してしまいます(笑)。私の出しているイメージDVDあんじぇるTimeのイベントで作った歌を披露させていただいたことがあります!

 

 

☆おまけ / あきかる見て行ってみたいなぁと思った店舗☆

アリスメイドカフェ&バー CROWN TIaRAさんです!不思議の国のアリスが好きなので、ぜひ一度行きたいです!

 

 

<アイドルカレッジとは?>

“未来のアイドルをみんなと育てていこう”をテーマに、女の子たちに歌唱・ダンス・演技のレッスンを積ませ全過程を公開イベントで行いスキルアップをはかり、その成長過程を応援してもらうプロジェクト。2014年7月にStand-Up! Records第一弾シングル「あのコが、髪を、切らない理由。」をリリースし、オリコン週間ランキングで過去最高の13位を記録。同年末、よみうりホールでのワンマンライブでは目標1000名動員達成、東京を中心に全国で活動中。

 

2015年5月24日 @ラフォーレミュージアム原宿

アイドルカレッジワンマンライブ開催
~夏まで待てない!はしゃいじゃってもイイですか?~
※アイドルカレッジ Newシングル
「#常夏女子希望」も同日発売

 

公式HP:http://idolcollege.com

 

 

 

 

 

■第6号掲載(2015.3.10.発行)

 

第3弾  ~アフィリアサーガ ローラ・シュクレーヌ~

 

 アー写_Laura

 

 

☆好きなアニメ☆

 

アフィリア・サーガのお料理大好き キッチンアイドル☆ローラ・シュクレーヌです!(‘O’)/ 小さい時からアニメが好きだった私は、今までたくさんのアニメに出逢ってきました。1番好きなアニメと言われるとすごく悩みますが「機動戦士ガンダムSEED」や「鋼の錬金術師」は私が腐女子だった時代の、特に好きだった作品だと思います。「ハリーポッター」から私の腐女子人生が始まり、数々の作品で私はホモを愛してきました。そして、私の腐女子人生最後の作品は「ギャグマンガ日和」。ギャグマンガ日和は増田こうすけ先生のシュールなギャグ漫画で、アニメ化もされていますが、ギャグ漫画をアニメ化するというのはとても難しいことです。作画などもアニメは大切ですが、ギャグ漫画の場合はテンポや勢い、原作の雰囲気をどこまで表現できるか、そして声優さんの演技がすごく重要となってきます。

 

そんな中で1番感動したアニメ作品は、京都アニメーションの「日常」という作品です。あらゐけいいち先生のシュールなギャグ漫画が原作なのですが、「日常」のアニメはテンポも絶妙で何と言っても声優さんの演技が素晴らしいです。中でも相生祐子役の本多真梨子さんと長野原みお役の相沢舞さんの渾身の演技は、何度聞いても感動します。おもしろすぎです。セリフの読み方、発音にしても普通の人では思いつかないような言い方をしています。こういった天才とも言えるセリフの表現を考えた人は、原作者のあらゐけいいち先生なのか、アニメ演出の方なのか、それとも声優さんのアドリブなのか。とても気になるところです。「日常」には中毒性があります。私が毎週楽しみにしていた作品でもあり、各話3~4回は繰り返し観ていました。そして今でもたまにふと観たくなり、レンタルして一話から最終話まで一気に見返したりしてしまいます。好きすぎて原作の単行本も全巻集めてしまいました。アニメの方を先に観ているので、漫画でも声優さんの声が脳内再生されてしまい、思い出して笑ってしまいます。原作の空気感をそのままうまく表現しているアニメだと思います。かなり好みが分かれるアニメだとは思いますが、好きな人は本当に好きになれる作品だと思うので、是非気になった方は「日常」を観ていただきたいです。

 

「魔法少女隊アルス」という雨宮慶太さん原作、STUDIO4℃制作のファンタジーアニメーション作品も大好きです。世界観やキャラクターデザインがとても好きで、当時はまだそんなに流行していなかった「ツンデレ」キャラでもあるパッツン髪のシーラちゃんに惚れこんでしまい、私はおかっぱパッツン髪に目覚めました。シーラちゃんの声優は私が尊敬してやまない桑島法子さんで、桑島さんはキャラクターごとに全然違う声に聞こえて、幅広い演技をされる昔から大好きな声優さんです。他にも「妄想代理人」「惡の華」「空中ブランコ」は演出やアニメーションがおもしろくて好きな作品。新海誠監督のアニメ映画作品「言の葉の庭」の映像では”水”がリアルだけど実物以上の美しさとこだわりのある色使いで表現されいて感動させられました。普段肉眼では意識していない色でも作中では繊細に描かれていたり、現実の街並みも今まで以上に美しい景色に見えてきます。アニメには、いろんな力があるのです。

 

ローラ_1

 

 

☆好きなゲーム☆

 

「リネージュ2」というファンタジーオンラインRPGが大好きです。グラフィックや世界観、人とのコミュニケーションが好きだったので、遊んでばかりで真面目なプレイヤーではありませんでしたが、なかなか廃人をしていたと思います。 自分のパソコンのスペックが低くて週末の戦争ではカクカクで使い物にならなかったのが懐かしいです。大人になった今ならもっと快適なスペック環境で、課金もできて楽しく優雅にプレイできると思いますが、ネットゲームにハマりすぎて不登校になって親に迷惑をかけてしまったので、もう二度とネトゲには手を出さないと誓いました。現在はほとんどゲームはしなくなってしまいましたが「実況パワフルプロ野球」のサクセスは時々プレイしています。

 

 

☆最近ハマっているもの☆
“最近”とは言えなくなってしまいましたが、私はプロ野球にハマっています。私の好きな球団は東京ヤクルトスワローズ!アフィリア・サーガのプロデューサーでもある桃井はるこさんの影響でヤクルトファンになりました。桃井さんに一昨年の夏に初めて神宮球場へ連れていただき、プロ野球のおもしろさや球場の楽しさを教えてもらいました。今では年間50試合以上は球場で試合観戦をするほどになりました。私はつば九郎をきっかけにプロ野球に興味をもったのですが、最近は球団マスコットが好きで野球好きになる女性も増えてきているようです。ヤクルトスワローズも今年は女性ファンを増やすべく女性向けのグッズアイテムが増えましたし、ファン獲得のために球団が頑張っている様子が見られて本当に嬉しいです。

 

ローラ_2

 

アイドルをしている私は、アイドルとプロ野球選手には通ずるものが多いと思っています。私自身プロ野球を好きになって選手たちを応援するようになって、ファン側の気持ちを知ることができました。私をきっかけにヤクルトファンの方がアフィリア・サーガを知ってくれたり、アフィリアファンの方が逆に野球に興味を持ってくれて球場に行ってみたりと、アイドルファンと野球ファンを繋げるきっかけにもなれたらいいなと考えています。スポーツにはたくさんの感動があるので、もっとたくさんの人にプロ野球のおもしろさを伝えていきたいと思っています。ヤクルトスワローズに限らず、日本プロ野球やメジャーリーグも好きなので、いろんな球団ファンの方とお話しがしたいです!応援してくれるファンの中にもプロ野球ファンの方は多いので、特典会で野球の話ができるのがとても楽しいです(*^◯^*)今シーズンこそは、ヤクルトスワローズが最下位脱出すると期待しています!あと今シーズンは神宮球場グルメをたくさん制覇していきたいと思ってます!

 

 

☆アイドルになった理由☆

 

私がアイドルになった理由は “たくさんの人を笑顔にさせたかったから” です。アフィリア店舗の上野アフィリア・シェリーズのアルバイトとしてアフィリア世界に来た私は、お酒が好きだったので元々バーテンダーになりたくて働き始めました。アニメやコスプレが好きだった私には、可愛い制服が着れてバーテンダーのお仕事ができるアフィリアはとても魅力的でした。お店で働いているうちに、お客様が笑顔になって喜んでくれることが嬉しくなり生きがいを感じるようになりました。そんな時アフィリア・サーガメンバーに出逢い、アイドルになればもっとたくさんの人を笑顔にすることができると思い、私もアイドルになりたいと思うようになりました。

 

アイドルやコンセプトカフェなどとても増えましたが、ほとんどのアイドルやコンセプトカフェ店員は人を笑顔にすることが好きで活動しているのではないかと思います。アイドルはファンの方から「好きだ!可愛い!」と愛されるだけの存在ではありません。続けるにはかなりの精神の強さも努力も必要になります。他の職業よりもファンとの距離が近い現代のアイドルは、ファンの応援がダイレクトに届くのでファンの方の存在はとても大きいと思っています。私自身も応援してくださる”先輩”(アフィリア世界ではファンの方のことを先輩とお呼びします)に何度も助けられました。だから、もっと先輩を笑顔にさせたいと思いますし、辛いことがあっても先輩が喜んでくれるのなら頑張ろうと思えるのです。

 

ローラ_3

 

私がアイドルになってから3年以上経ちましたが、今でも想いは変わらず “たくさんの人を笑顔にしたい” 気持ちで活動しています。もっと素敵なグループになって多くの人に楽しみを感じてもらえるようになりたいですし、個人でも様々なジャンルで活躍していきたいと思っています。私の好きなプロ野球に関するお仕事もできたらいいなと思っていますし、衣装や撮影などの制作のお仕事にも興味があるので、これからはアイドル活動に限らずどんどん挑戦していこうと思います。これからのローラ・シュクレーヌにもご期待ください!(‘O’)/

 

 

<アフィリア・サーガとは?>
全国展開中のカフェ&レストラン「アフィリアグループ」の池袋店、上野店、六本木店、新宿店を代表するメンバーから構成された12人組の学院型ガールズ・ボーカルユニット。萌え業界の2大メーカー、志倉千代丸と桃井はるこのダブルプロデュース。デビュー以来150本以上のライブイベント出演を経てZeppTokyoやTDCホール、日本青年館、舞浜アンフィシアターにてワンマンLiveを開催。様々なLiveベントでもパフォーマンスを披露。ヒットメーカー、つんく♂や大島こうすけなどからも楽曲提供を受けている。また、ダンスの振り付けをラッキィ池田が担当。ユニークな振り付けも特徴的。沢山のアニメ、ゲームの主題歌を歌唱!台湾や上海、香港での海外でのライブも展開中! イナズマロックフェス2013、アニメロサマーライブ2014に出場するなど大規模なライブイベントにも参加!台湾・香港でのワンマンなどアジア展開もしている。最新シングル14thシングル「Never say Never」ウイークリーチャート4位を記録。

 

2015年2月11日 Newシングル「Never say Never」発売
2015年2月28日 香港にてワンマンライブを開催!

公式HP:http://afiliasaga.jp

 

 

 

 

■第5号掲載(2014.12.30.発行)

 

第2弾  ~アフィリアサーガ アヤミ・チェルシー・スノウ~

 

 ayami

 

 

☆好きなアニメ☆

 

アヤミが好きなアニメは【とらドラ!】です! とらドラを見たときは衝撃でした、キャラクターの濃さも愛らしさも、クラスメイトでさえストーリーがあって、愛おしい。そしてなにより声優陣が豪華!釘宮理恵さん堀江由衣さん喜多村英梨さん、、、青春、恋、友情、家庭環境の寂しさ、隣に住むクラスメイト、そしてツンデレ!こんなに胸揺さぶられたアニメは初めてでした。1番大好きなシーンは、主人公の大河がクリスマスの日に1人で家にいるとき、そしたらサンタさんの着ぐるみを着た誰かが窓から現れて!一人ぼっちだった大河が「サンタさんだ!」って抱きついてグルグル回って喜んで。押し倒した時にサンタの中身がバレちゃうのですが、それが隣に住んでる竜児くん。クリスマスに一人ぼっちの気持ちがわかるからこそ、こんなシチュエーションあればいいのに!と、半ば憧れです(笑)。 キャラソンも1人1人可愛くて面白くて、OPとEDも声優陣で固めてあって「これぞLOVEアニメ!」、というわけで私はとらドラ!が大好きですっ♪ 1クールのアニメが終わって何か見たいな〜って気持ちになったとき、私は絶対とらドラ!を見てしまいます。

 

 

☆好きなゲーム☆

 

アヤミはレトロなゲームが大好き!北海道出身なのですが秋葉原にはこんなにたくさん昔のゲームがあるって知って本当に高まりました!ファミリーコンピュータ系でポートピア連続殺人事件、たけしの挑戦状、さんまの名探偵など好きな作品はたくさんあるのですが、私は昔から【ドラゴンクエスト】シリーズが大好きです。激ハマりしたのは4で、この4のおかげであやみの妄想力が培われたといっても過言ではありません。デスピサロ様が好きすぎて本気で恋してました。人間が強欲の為にエルフのロザリーをさらわなければあんなに狂わなかったのに、とも思うけれど私は恋い焦がれて愛する人を失った悲しみで自分の姿がわからなくなるくらいの狂愛を見せたデスピサロ様が好きで、その位愛されてみたいって気持ちとか、でもロザリーがいないとあそこまで狂う愛はないのだなぁとか、思春期ながら複雑な気持ちでありました。勝手に4はキャラ内の恋愛を妄想出来るし、(アリーナ←クリフト)勇者は必ず女にして、主人公のことがみんな好き、LOVEな設定で頭の中で地図を描いてました。ラストシーンの気球で村に帰るシーンでそれは確信に変わりましたね、ラストにみんなで一人ぼっちの勇者の村に集まってくるんですもの。みんな自分のお城や村まで送って行ったのに、勇者のこと好きすぎるよ!と。いや、でもそれは信頼とか仲間とか、そういうものなのですけど(笑)。

 

デスピサロ×勇者も激しく妄想しました。村を亡くした張本人と被害者の勇者の恋だなんて最高じゃないですか。それこそ禁断、、、どうしていいかわからない憎しみの感情とそれとは裏腹の愛、、、そんな怪しい妄想も最中、その後プレイステーションでドラクエ4が出た時、なんとデスピサロ様が仲間になるじゃないですか!これは妄想爆発でウハウハでしたね。デスピサロ様にずっと無駄に話しかけすぎて、デスピサロ「…」がたまりませんでした。「…」すら愛おしくて。デスピサロ様を手中に収めたのだという独占欲、達成感にかられていました。デスピサロ様が壊した村とか無駄に行ったりして、どんな気持ち?ねぇねぇ。という気持ちで連れて行ったり、話しかけたり、その後のストーリーもあって本当に満足でした。

 

実際ドラクエ4は女バージョンでしかやったことがないのですが、ドット絵でもデザインが変わったのでドキドキでした。ドラクエ3でも性別をはじめ選べたのですが、女にしてもビジュアルが変わらないので結局いつも男にしていました。なんとなく男の方が強い気がしていたから。3は妄想というよりストーリーを楽しんでました、オルテガとか。5もそうで、5は主人公の結婚イベントや子供が生まれたり、私的にはミラクルなお話で終始高まっていました。

 

どうしても結婚を選ばなかったビアンカが山奥の村で先が短い父と住んで「わたしはいいのよ、幸せになってね」というシチュエーションに耐え切れず、毎回何時間も悩んで結局ビアンカと結婚していました。金髪の息子と娘が可愛すぎる。フローラとビアンカの間にいるフローラの父のルドマンに100回話しかけたらルドマンと結婚出来るという都市伝説を本気で信じて、100回以上話しかけていましたがダメでした。7つ上の兄に「なにやってるんだ?」と言われるくらいに鼻息荒くルドマンに話しかけていました。ルドマンと結婚したかったです。ルドマンと壺の中見たり、ルドマンと石になりたかった。でも石になってもルドマンとの間には天空の地を受け継いだ子供がいないということに矛盾を感じなかった無垢な子供時代でした。ドラゴンクエストシリーズは音楽もストーリーもスルメで、聞けば聞くほど、やればやるほど耳に頭に残って楽しくて、ドラゴンクエストに出会えて本当によかったです☆

 

  コラム用_アヤミ2

 

 

☆好きなブランド☆

 

アヤミはフワフワ系のお洋服が好きで、妖精、天使、そんなイメージのla belle Etude(ラベル エチュード)のお洋服が大好きです。女の子!ってお洋服が多くて、私服のキャンペーンなどがあるとだいたいここのお店に1番に行ってしまいます♪ 写メなどを見てもらえるとわかると思いますが、フワフワしてる服が多くてタンスもフワフワな服ばかりなのでかさばってます(笑)。 でも、大好きなんです、女の子!って感じで。もう一つハマっているのはMINTNeKO。原宿のラフォーレや新宿にお店があるのですが、着心地もいいし男女兼用サイズなのでダボっと着られるところがお気に入りです。ミントネコを好きになって着始めてからはファンの方がお揃いで買ってみたりして、お店に行くと「アフィリア・サーガのアヤミさんですよね?先日ファンの方がいらしてましたよ」って言われることが増え、なんだかとても嬉しい気持ちです。以前マルコマルカさんのファッションモデルをさせていただいたことがあるのですが、またファッションモデルさんをやってみたいです。

 

この2つのブランドのお洋服を、ローテーションすることが多いかな?せっかく北海道から出てきて東京にいるのだから、可愛いお洋服を着て歩きたいです♪ 実はコスプレにも興味があります。昔実家でファイナルファンタジーのクラウドが可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎて、もはやクラウドになってしまいたくて、コスプレの知識ゼロなのに通販でクラウドのウィッグのみを(家族に内緒で)購入しました。自分の部屋に入ってドアが開かないようにし、おそるおそるクラウドのウィッグを手に取り、ネットをかぶってからウィッグをかぶることも、メイクなども全く知らなかったので、無造作に黒髪を束ねてウィッグをかぶって鏡を見ると、黒髪がはみ出したチョコボ頭の自分が立っていました。黒髪すらザックスを思い描き、勝手に妄想しては「クラウドにわたし、なったんだ!」という謎の達成感にかられ、学校から帰ると家族が帰るまでちょくちょくチョコボ頭になっていました。クラウドの剣も欲しくなりましたが、どうしてもお金がなく妄想の中で収めていました。話しがそれてしまいましたが…、可愛いお洋服が、大好きです♪

 

 

☆アイドルになった理由☆

 

北海道にいた頃、夢も希望も無くしてしまった事件があり、なにも出来なくなった時がありました。引きこもりになり毎日をぼんやりと生きているだけの日々、学校にも行かず大好きなアニメも見られなくて、毎日のように海岸に行って遠くに見える青森を見て「本州はどんなところなんだろう」と思っていました。そんな絶望をしていた時、ある日テレビをつけたら中川翔子さんが出ていたんです。中川翔子さんのことをその頃はまだ知らず、テレビを見て衝撃を受けました。。。まだ漫画やアニメが好き!と公に言うことに抵抗があった頃、しょこたんは声を大にして好きなものを好きと言い、あんなにも輝いている。コスプレが好き!アニメが好き!ゲームが好き!セフィロス様が好き!好きなものを、好きなことを仕事にしている。私も東京に行けば、しょこたんのように輝けるのかな?しょこたんのように生きた証をこの世に残せるのかな?そう思って、夢だけを持って東京に出てきました。安い家賃で部屋を借りて、アルバイトを二個掛け持ちして、短期のアルバイトも合わせながら事務所を探し、芸能の世界でわたしはここにいる“存在している”ということを証明したかったんだと思います。今でも目標としています。アイドルになってからも悩みは尽きず、居場所はあるのか、足元が不安になるときが昔より強く感じることもあるけれど、がむしゃらだったあの頃を思い出しながら、それでもアイドルを続けているのはあの頃救われた中川翔子さんのように、今悲しみや苦しみに囲まれている人を同じように“光で照らせたら”という思いと、やはり自分自身の“存在証明”が欲しいのだと思います。

 

 コラム用_アヤミ3

 

 

☆最近ハマっているもの☆

 

はい!たい焼きにハマってます!爆発 何気なく近くのたい焼き屋さんで寒いからという理由で買ったら「美味しい」と感動し、東京のたい焼き屋さんを検索したところ色々ありました。羽根つきたい焼きとか知らない!美味しい!、歩いている時にたい焼き屋さんがあれば必ず寄ってしまいます。繁華街はもちろん、穴場的なお店も探しています♪ なにかオススメがあれば教えてください♪  あやみ

 

 

<アフィリア・サーガとは?>

全国展開中のカフェ&レストラン「アフィリアグループ」の池袋店、上野店、六本木店、新宿店を代表するメンバーから構成された12人組の学院型ガールズ・ボーカルユニット。萌え業界の2大メーカー、志倉千代丸と桃井はるこのダブルプロデュース。デビュー以来150本以上のライブイベント出演を経てZeppTokyoやTDCホール、日本青年館、舞浜アンフィシアターにてワンマンLiveを開催。様々なLiveベントでもパフォーマンスを披露。ヒットメーカー、つんく♂や大島こうすけなどからも楽曲提供を受けている。また、ダンスの振り付けをラッキィ池田が担当。ユニークな振り付けも特徴的。沢山のアニメ、ゲームの主題歌を歌唱!台湾や上海、香港での海外でのライブも展開中!イナズマロックフェス2013、アニメロサマーライブ2014に出場するなど大規模なライブイベントにも参加!2015年アニメ「ISUCA」のOPテーマを担当することも発表されている。 最新シングル12thシングル「マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー」デイリーチャート2位、ウイークリーチャート3位を記録。

 

2014年12月24日 ヴィーナスと蒼き七つの海Blu-ray&DVD発売
2015年02月11日 Newシングル「Never say Never」発売
2015年02月28日 香港にてワンマンライブを開催!

公式HP:http://afiliasaga.jp

 

 

 

 

 

■第4号掲載(2014.11.10.発行)

 

第1弾  ~アフィリアサーガ コヒメ・リト・プッチ~

 

 コヒメ_IMG_0187

 

 

☆好きなアニメ☆

 

私の好きなアニメは2004年に放送されていた「蒼穹のファフナー」です。別の深夜アニメと間違えて録画してしまった、本当に偶然出会ったアニメでした。ですが、第一話で背景の美しさに興味を持ち、第二話でangelaさんのオープニングテーマに引き込まれ、もうすっかり夢中になって最後まで、毎週見ていました。放送当時の私は、深夜アニメをばれないようこっそり録画したりなど、反抗期の真っ只中。ですが、このアニメの描く世界には不思議な魅力があって、両親のこと友達のこと、アニメと一緒にたくさん考えた思い出があります。地球人類すべてがファフナーを見るべき!そう思えてしまうほどこのアニメに深く感動しました。

 

まず、ファフナーのテーマはずばり「対話」だと思います。フェストゥムという異種の存在との対話、それぞれの親子の対話、友との対話、あと対立する集団との対話とか、色々出てきます。24話で物語の核心部分に触れるシーンが、真壁親子の対話のみで描写されていたことも凄い表現方法だなと思いました。

 

そんなアニメでの主役は、対話をすることを苦手と感じがちな思春期の中学生。一騎と総士のすれ違いも、お互いに不器用で口下手なところがとても少年らしくて、歯がゆいようでいてとても微笑ましいです。特に後半で活躍する三人組の関係性!恋なのか友情なのかわからないなぁ、幼なじみだからなぁ、ってなんて甘酸っぱいんでしょう!も~う甘酸っぱい!キャラクターが皆個性的で、かつ現実的な存在であるのが、このアニメの魅力の一つです。

 

そして登場するロボットがかっこいい。ゲルマン神話の竜になった巨人ファフニールがモデルのため、他のロボットアニメと比べると顔が人間らしくないです。敵と命をかけて戦わなければならない残酷な運命を表すようで、その無機質さがとてもいいです。私はマークフュンフのイージス装甲が好きですね。あと、ルガーランスのパカッと開くとこがかっこいい。

 

しかし、ファフナーがガンダムやエヴァと大きく違う点であり、最も大きな魅力の一つは、大人を描いている時間が長いことです。少なくとも、この描写はそれまでのアニメにはあまりなかったのではないでしょうか。一騎の父も真矢の母も、子供を愛して、戦わせることを恐れています。自分の子供たちを戦わせなくてはならない大人たちの苦悩や葛藤や自責、そうした大人の母性、父性の心理描写が痛いほど伝わって来ます。たしかにカッコいい若者が出てくるロボットアニメはたくさんありますが、魅力的なおじさま、おばさまが出てくるアニメは少ないです。苦悩しつつも強い意志で苦難に立ち向かう大人たちをぜひ「蒼穹のファフナー」で見ていただきたいです。

 

 

☆好きなゲーム☆

 

私の好きなゲームはニンテンドー3DS用ソフト『わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!』。プレイヤーがセレクトショップの店長となっていろんな洋服を売るゲーム。このゲームの魅力は簡単にいえば着せ替えです。まず最初に自分の分身となるアバターを作るのですが、それがとってもかわいい!目の形、口の形、身長などまで自由に選べます。どうやっても不細工にはなりません(笑)。メイクもゲームを進めて行くうちに種類が増え、アイラインの色やマスカラの付け方まで細かく変えられます。プレイヤーの上司や同僚として登場するキャラクター達も皆可愛くて、何が似合うかなぁと考えながら着せ替えるのがとっても楽しいです。

 

お店を経営するほかにも様々な目的があり、コンテストに出場し優勝したり、インテリアをそろえたり、更には雑誌に載ったりと盛りだくさんです。ところでこのゲーム、一見10代20代の女性をターゲットに作られているようですが、ゲームとしては男性が遊んでもおかしくないと思います。コレクション要素に経営シミュレーター、接客にすれ違いなど盛りだくさん過ぎるほどの内容とクオリティ。ファッションに興味のある人、コーディネート好きの人は是非遊んで欲しいですね。またこれだけアバターの幅が広いので、創作漫画や小説を書く人にとってはオリジナルキャラクター作りに役立ちそうな気がします。

 

コヒメ_写真-(1)

 

 

☆アイドルになって一番嬉しかったこと☆

 

それはもちろんステージに立てることですね。かわいい衣装を着て歌とダンスを披露できること、そして客席にいる皆さんと楽しい時間を過ごせるのが、最も幸せな時間です。アイドルにならなかったらライブステージのスポットライトを浴びる経験なんてなかなかできないんじゃないでしょうか。もちろんアイドルならでではのつらいことや苦しいことも沢山ありますが、どんなお仕事でもそれぞれに違う大変さがあることと思います。楽しさも苦しさも全部合わせて、私はやりがいを感じて全力でアイドルができています。なので、すごく幸せな人生であると感じています。願わくばもっとたくさんの人を笑顔にしたい。私にとってアイドルは天職です。

 

 

☆アイドルになって一番恥ずかしかったこと☆

 

アイドルはとっても楽しいのですが、バラエティ番組に出演させていただくとほぼ100パーセント恥ずかしい気持ちを味わいますね。例えば「秋をテーマに即興でラップを作りなさい」とかね。いわゆるムチャぶりでアイドルが恥ずかしい思いをする企画、昔からアイドル番組には盛り沢山ですよね(笑)。アイドルになりたての時は、真面目で堅物な性格が邪魔をして、そういう企画がとても我慢できませんでした。粉まみれにされたり水をかけられたりするたびに本気で怒ったし、悔しくて泣いていました。それを面白く編集して番組にしていただいていたのにもまた釈然としなくて…理不尽だと思っていましたね。今では精神的に少し大人になれたのか、恥ずかしい企画も楽しめるようになって来ましたよ。

 

アフィリア・サーガのニコ生定期放送アフィリリルーム☆では、最後に行われる罰ゲームが実に恥ずかしいです。季節が夏だったこともあってカメラへ向って渾身のホラー顔をして視聴者の皆さんを涼しくして下さい、という罰ゲームを私がすることになったのですが、はっきり言ってとても恥ずかしい!お化け屋敷のような特殊なライトが当てられているならいざ知らず、スタジオ用の白くて明るいライトの下で怖い顔をしても絶対にすべります!ピンチです!そこで私はカメラの前で、綺麗にセットしていたツインテールを外して、黒髪を振り乱してみました。内心どきどきしていましたけど、怖い怖い!と好評で…、良かったです(笑)。最初は恥ずかしくて苦手だったバラエティ番組でしたが、これからは存分にムチャぶり、楽しんで行こうと思います!

 

コヒメ_写真-(2) 

 

 

☆今ハマっているもの☆

 

コンビニスイーツですね!私は日頃自分でお菓子を買うことは少ないんですけど、これは久々の大ヒットでここ最近は毎日食べています。名前はずばりセブンイレブンの「おもちで包んだ苺レアチーズ」。これはTV番組SMAP×SMAP内の企画、ビストロSMAPとのコラボフードで、メンバーの香取慎吾さん考案のメニューとのことです。

 

まず、おもちの生地がとっても柔らかい。驚きのもちふわ感です。そして中に詰まっているレアチーズの量がたっぷり。ふんわりなめらかな食感で、ほどよい酸味と甘さがかなりマイルドな印象です。口に入れるとまずレアチーズの濃厚さを感じ、直後にイチゴソースの甘酸っぱさを感じます。生地の食感とチーズの甘さはソフトですが、イチゴジャムの甘酸っぱさが丁度良いアクセントになっていて…。昨日も食べたし今朝も食べちゃいました~、美味しすぎ注意です!!

 

実はアフィリア・サーガは最近ニューシングルに合わせて衣装が変わりました。今回は清楚かつ華やかな白いワンピース。前回のおへそを大胆に露出したデザインと比べ、腹部にとても安心感があります…。ついつい食べすぎていてもあまりバレないかな?という甘えが出てきてしまって…うわぁ~、いけないいけない!コヒメ、ちょっと油断しすぎかもしれないです!ぷにぷにのおなかを披露してしまうのはとても恥ずかしいので、次回おへそを露出するときまでにはきちんと引き締めておきますね!このコンビニスイーツ、惜しむべくは期間限定とのこと、実にもったいないですね。もっともっと食べたーい!

 

 

<アフィリア・サーガとは?>

全国展開中のカフェ&レストラン「アフィリアグループ」の池袋店、上野店、六本木店、新宿店を代表するメンバーから構成された12人組の学院型ガールズ・ボーカルユニット。萌え業界の2大メーカー、志倉千代丸と桃井はるこのダブルプロデュース。デビュー以来150本以上のライブイベント出演を経てZeppTokyoやTDCホール、日本青年館にてワンマンLiveを開催。様々なLiveベントでもパフォーマンスを披露。ヒットメーカー、つんく♂や大島こうすけなどからも楽曲提供を受けている。また、ダンスの振り付けをラッキィ池田が担当。ユニークな振り付けも特徴的。沢山のアニメ、ゲームの主題歌を歌唱!台湾や上海での海外でのライブも展開中! イナズマロックフェス2013、アニメロサマーライブ2014に出場するなど大規模なライブイベントにも参加!2015年アニメ「ISUCA」のOPテーマを担当することも発表されている。 最新シングル12thシングル「マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー」デイリーチャート2位、ウイークリーチャート3位を記録。

 

11月26日Newシングル「ジャポネスク×ロマネスク」発売

12月20日ワンマンライブを開催!舞浜アンフィシアター

公式HP:http://afiliasaga.jp

 

 

 
 
 

 
最新記事を読む
 
バックナンバー(第7号~第12号)