あきかる

【第1章 創生】 1st Mission ~新宿御苑編~

 

 

7ヶ所目に訪れたのは新宿区と渋谷区に跨る国民公園、新宿御苑。都会のオアシスともいえるこちらの庭園を超ツイがレポート致します☆

 

 

 

 

Astiel 新宿御苑に到着☆ 新宿御苑には3つの入口があるそうで、今回は新宿駅からアクセスの良い、新宿門から入園しました。園内はとても広々としており、いくつにも道が分かれているため、好きな順番で見て回ることができるみたいです。私たちは案内版でネーミングが気になった「母と子の森」から散策スタート!

 

 

 

 

Lunalis 道を進むと、何やら不思議な木を発見。横にある看板を見ると、きのこさんを育て中とのこと!!どんなきのこさんが育つのかな~無事元気に育ちますように☆ 更に道を進むと、大きな池が!!このエリア一帯が日本庭園だそうです。ツツジがあらゆるところに咲いており、ピンクの花びらがとても映えていました。形や生え方が個性的な木々が多く、見ていて楽しかったです。

 

 

 

 

Astiel  因みに、こちらの日本庭園は「上の池」「中の池」「下の池」の3つの池を中心とした造りになっているそうで、上の池にはルナリスが毎回真っ先に渡りたがっている橋も掛かっていました☆ 小さなお庭が池に浮かんでいるのには驚きましたが、周りを見渡すとどの草木も形が綺麗に整えられており、とても落ち着く空間でした☆

 

 

 

 

Lunalis アスティルが撮ってくれた写真に映っている、私の後ろの木・・・何だかツインテールみたいに見えませんか!?親近感が湧いたので、思わず近寄って一緒に写真を撮りました♪ 葉っぱの生え方も面白くて、ハの字が連なっていました。橋を渡り池の周りに沿って歩くと大きな石の置物が。気になって調べたところ、石灯籠「いしとうろう」と言うものらしいです。庭園に置いて趣を添えるんだとか。なるほど、これが良いアクセントになる訳ですね。ちなみに、庭園内に他にも違う形をした石灯籠がいくつか置いてありました。

 

 

 

 

Astiel  そして、こちらは旧御涼亭(きゅうごりょうてい)という中国建築の歴史建造物で、水辺の景色などを楽しむ場所だそうです。入口すぐの窓には不思議な模様があり「漢字だ!読めないけどなんかカッコイイ!!!(´✪ω✪`)」とルナリスがとってもはしゃいでいました♪

 

 

 

Astiel 旧御涼亭の中にはいると、大きく開いた窓から日本庭園を一望することが出来ます。アスティルは右の窓から見える緑いっぱいの眺めがお気に入り☆ 高台の上に造られているので、心地の良い風が入ってくるのも良いですね♪ その後旧御涼亭を出発し、地図を見ながら進んでいると巨大な樹木を見つけました。ルナリスと比べると大きさが一目瞭然・・・!色んな方向に太い枝が伸びていてなんだか神秘的な木でした(・ω・′ )

 

 

 

 

Lunalis 日本庭園を過ぎると一面に原っぱが。お天気がとても良くて、日向ぼっこをして寝ている方もいました。こんなところで寝たら気持ちよさそう!座ってちょっと休憩しているアスティルをパシャリ。日本庭園だけでも結構歩いたのでクタクタになりました(><) さて、皆様はお気づきになりますか??右側2本の木の根元が、1つになっていることに!!!!ルナリスも気づかなくて、アスティルに教えてもらってびっくり!!成長していく過程で1つになったのかな?不思議ですよね。木の長さもとーっても長かったです。10メートルはあったような…。

 

 

 

 

Astiel さらに進むと、沢山の木々に囲まれた道へ出てきました。あまりに立派な樹木だったので気になって調べてみると、日本に初めて取り寄せられたプラタナスという巨樹だそうです。ヨーロッパの並木道というものをイメージし、約200メートルもある道にプラタナスを計160本植えているんだとか!そのまま 並木道を抜けると、隅っこにとってもカワイイ紫陽花が咲いていました☆ アスティルとルナリスのカラーが混ざり合っているみたいでなんだか愛着がわいちゃいますね(・o・′)

 

 

 

 

Lunalis こちらはフランス式庭園内のバラ花壇☆ 日本庭園とは全然雰囲気が違いました。カラフルなお花がたくさん咲いていて、とても綺麗でした。フランス式庭園は左右対称に美しく整形されているのが特徴だそう。フランス式庭園を後にして最後は温室と呼ばれるところへ。建物が全て透明になって少し近未来的!?入口の外から既に沢山の植物が!!ちなみに中は外と同じくらいの気温で暑かったです。涼しいのかなと思っていたので沢山汗をかきました(´・ω・`;)

 

 

 

 

Lunalis この木!見た子もある方も多いのではないでしょうか。そう、バナナの木なんです!木の高さがあるだけだはなく、葉もとても大きいですよね。映像では何度か見たことあったのですが、実際に見るのは初だったので大きさに驚きました。暖かい国でしか生産されないというバナナの木を日本で見られるなんて、かなりレアですね!そして、大量にぶら下がった不思議な実!1本の紐のようなものに沢山の実がぶら下がっていて、紐ちぎれないかなと思っていたらなかなか太くて上部な作りになっています。154センチのルナリスが手を伸ばしたら触れるくらい伸びているものもありました。実は小さくて軽めで、大体ルナリスの小指第一関節までくらいのサイズです(。・ω・)ノ゙

 

 

 

 

Astiel そしてこちらはカカオノキ、ちょうど実が生っているところを見ることができました。赤・黄・緑など種類によって実の色が異なってくるそうなのですが、どの色でもこれがチョコレートになるなんて全然想像がつかないですね~(・ω・;)その他にも、温室内では写真のように形が特徴的なものや名前がとても長いもの、絶滅危惧種に指定されているものなど、変わった植物を沢山見ることが出来ました。

 

 

 

 

<まとめ>

 

Astiel 様々な様式の庭園が楽しめるということで、海外の方々やご家族でいらっしゃる方々が多かったように思います。広大な敷地で美しい自然に囲まれながら、それぞれ思い思いの時間を過ごせるところがとても素敵でした。日々の頑張りには休息も必要ᕦ(ò_óˇ)ᕤ 時間がゆったりと流れる心落ち着く場所が身近にあるのは心強いなぁと思いました★

 

Lunalis 想像を遥かに越える広さで、とても驚きました。新宿という大都会にあんな広くて自然いっぱいの場所があるなんて…!木の後ろから高層ビルが見えていて、ここだけ新宿ではないような、異空間なかんじがして不思議でした。大きな広場では、ピクニックをする人や走り回って遊ぶ人など、平日でしたが人が多かったです。ルナリスも塩むすび持ってピクニックしたかった(>o<)。いつもミッション行く日はお天気に恵まれていて嬉しいです。来月は梅雨の時期になると聞いたので初の雨編も出てくるかも!?次回もお楽しみに♡

 

 

 

> > > 最強双尾TOPページ